株式会社クゼー

会社案内

企業理念

クゼー、テクノロジーの歴史と進化

1938年、零戦用ベローズを開発。これにより国内初、ベローズの大量生産が可能となりました。

このノウハウをベースに、1950年代には自動車用サーモスタットの製造・開発に着手。

1970年代にはシーケンス・コントローラーによる自動生産システムを導入。

ピストンタイプ、スリープタイプなど常にトップレベルの技術と品質を有する製品を次々と開発、世に送り出してまいりました。

数多くの特許がその技術の確かさ、新しさを物語っています。

 

環境との融合、人にやさしい車社会へ

環境との共生化の時代、人にやさしい車社会の実現が大切なテーマになっています。

燃費向上に欠かせない重要な部品であるサーモスタット。

クゼーではこれまでに培ってきた技術力を活かし、環境に配慮した車づくりに貢献しています。

 

技術力で拓く、クゼーの輝ける未来

絶え間なく進化を続けるクゼーのテクノロジー。

その視点は未来を見据えています。

クゼーの技術力とモノづくりへの情熱。その誇りを忘れず、私たちは未来へ羽ばたいてまいります。